PCの電源が入らない場合の対処方法

PCの電源が入らない場合の対処方法

PC(パソコン)の電源が入らない!
電源スイッチを押しても反応がない…

この記事ではそんなPCの電源が入らない、電源ランプがつかない状態の対処法をお伝えします。
※電源ランプは光るが起動しない場合は別記事をご確認下さい。

【確認すること】

・電源周りの確認

パソコン周りはどうしても電源ケーブルが多くなりがちです。
意外とやってしまうミスなのでコンセントが正しく刺さっているか、電源ケーブルがパソコン本体に繋がっているか改めて確認を。

また、いわゆるタコ足配線を行っている場合、テーブルタップが原因で電源不足に陥っている可能性があります。
可能であれば壁のコンセントに直接挿してみる、または挿す場所を変えてみてください。

ノートパソコンの場合、バッテリーを外し、しばらく置いてから装着しなおすと改善する場合もあります。
バッテリーの充電がしっかり出来ているかも確認してください。

・ケーブルの問題や劣化

電源ケーブルが原因の場合もあります。
別のケーブルを使用してみて確認してください。

・パソコンの放電

パソコンの中に電気が帯電されている場合、PCの起動が出来ない場合があります。
その場合はUSBやマウス、キーボードなどの周辺機器もふくめ、電源プラグを抜き全てのコードを抜いた状態で10分ほど放置します。

メーカーによっては電源プラグを抜いた状態で電源ボタンを何度か押すことで放電できる場合がありますので同時に試してみて下さい。

・周辺機器によるトラブル

周辺機器が優先起動され、他の接続機器のショートにより正常に起動しない場合があります。

マウス、キーボード、USBアクセサリなどパソコンにつながっているもの全てを取り外し再度起動してみます。
CDやDVD、ブルーレイディスクも含みます。

・パソコン内部が汚れていないか確認

ホコリがパソコンの内部に溜まっていると正常に起動しない場合があります。
エアダスターなど風で吹き飛ばして掃除しますが、メーカー保証内の場合はむやみにパソコンを開けずメーカーに相談しましょう。
掃除の場合は体に溜まった静電気でパソコンがショートしないようにステンレスや鉄を触って放電してから行いましょう。
パソコンに不慣れな方は安易にパソコンを開けないようにしましょう。・室温が高すぎないか、低すぎないか
メーカーにもよりますが、大体パソコンは「10℃~35℃」で使用することを想定されています。
室温が適していないと起動しないことがあります。

・その他、パーツごとの故障

電源ボタン、電源ユニット、マザーボード、HDD、CPUファンなどの冷却ユニット、メモリ、内蔵電池等、CPU…
様々なパーツが揃ってパソコンは起動します。
上記で改善されない場合は、各パーツの故障を疑いましょう。

いかがでしたか?
今回は電源ランプがつかない場合の対処法を簡単にまとめてみました。
パソコンは複雑な製品なので、試しても変わらない場合はメーカー修理、パソコン修理ショップに持ち込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です