【最新版】HDDから異音が?原因・対処法まとめ

少し前に買ったPCや,安さと容量重視で買ったPCなど,記憶装置にHDDを搭載したPCをお持ちの人も多いのではないでしょうか。SSDが普及しているからといって,今の状態に不満がないから変える必要がないという気持ち,よくわかります。

ただ,そうしてHDDを搭載したPCを使っている中で,「コツコツ」「ガリガリ」といった異音がPCから聞こえてきたら,HDDに何か原因があるので注意が必要です。場合によっては外付けのHDDの使用中にも同じような音がすることもありますね。

突然,異音が鳴るようになったけど原因がわからない,となると,データを管理する部分であるというのも当て心配になりますよね。そこで今回は,原因と対処法についてまとめてみました。

こんな音は大丈夫!

HDDから音がする,といってもそれが,正常な作動音なら問題はありません。

たとえば,起動・シャットダウンの際のキューンという音。これは,HDD内のプラッタと呼ばれる磁気ディスクを高速回転させるためのモーターの駆動音なので問題ありません。

他にも,OSやアプリケーションの起動時の一時的な「カリカリ」「ググ」といった音。これは,HDD内のヘッドという部品の作動音なので,こちらも問題ありません。

作動中の「プーン」という静かな音に関しても,正常に作動している音なので大丈夫です。

それでは,異常な音というのはどのようなものなのでしょうか。

カチカチという音が続く場合

「カチカチ」という音が続く場合は,いくつかの原因が考えられます。

磁気ヘッドが破損している

磁気ヘッドと呼ばれる部品が故障している可能性があります。原因は外部からの衝撃や経年劣化などの可能性があります。

この故障によって,HDDを操作させるためのファームウェアというプログラムの読み込みが行えず,磁気ヘッドが往復し続けることによって磁気ヘッドについているアッパーという部品がストッパーにぶつかり続けてこのような音が鳴っています。

不良セクタがある

データの読み書きを行う箇所の最小単位がセクタと呼ばれます。その一部が破損して,同じように磁気ヘッドがその部分(不良セクタと呼ばれます)を読みこもうと何度も往復している可能性があります。この場合も同じようにアッパーとストッパーがぶつかり「カチカチ」という音が鳴ります。

不良セクタ自体は製造時から多く含まれていますが,その箇所を回避するように設定がされています。しかし,経年劣化によって不良セクタが増加すると,管理がしきれなくなり,損セクタを回避せず,読み込もうとしてしまうというわけです。

ファームウェアの不良

HDDをコントロールするプログラムであるファームウェアに不良がある可能性もあります。部品に不良箇所がなかったとしても,ファームウェアに不良があると,正常な動作を来ぬよう部品に指示が出せなくなり,磁気ヘッドが無意味に往復作業を繰り返してしまいます。

その結果,アッパーとストッパーが衝突して,カチカチという音がするわけです。

カチカチ音に加え,摩擦音がする場合

「カチカチ」という音に加えて摩擦音も聞こえる場合には,かなり渋滞な事態の可能性があります。上記の状態を放置しておいたために,スクラッチと呼ばれる重大な故障を起こしているかもしれません。

スクラッチとは,ヘッドと磁気ディスクの間には通常は約1㎝の隙間が空いていますが,外部からの衝撃などによってこの2つが接触した状態で磁気ディスクが回転している状態です。

このスクラッチが起こると磁気ディスクに傷がつき,復旧困難な状態に陥る可能性があるので,電源を速やかに切り,業者に修理を依頼しましょう。

音がしない

え?音がしないならいいでしょ?そう思った人もいるかもしれません。けれど,HDDは,磁気ディスクの回転によってデータの読み書きを行う仕組みなので,動作している以上,駆動音がするはずです。

まったく音がしないという場合には,HDDが死んでしまっていると考えても間違いありません。基盤がダメになっている,モーターが動いていないなどの状態が考えられます。

HDDの異音への対処法は?

ここまで,HDDの異音に関してその原因をお伝えしましたが,原因がわかったところで対処法がわからなければ何にもならないですよね。ここからは,HDDから異音がした場合の対処法について,状態別にお話しします。

PCが起動できる場合

PCが起動できる場合には,HDDからデータが取り出せなくなる前に,急いでデータの移行やバックアップを行いましょう。

別のHDDやSSD,USBなどの外部メディアや,オンラインストレージなどに全データを移してしまう必要があります。

もしも,フォルダがたくさん散らばっていて把握できないだとか,すべてのデータの移行が完了しているかが不安などという場合は,引っ越しツールを使用しましょう。ソフトウェアを含むすべてのデータを移行することができます。

その後, HDDの修復を試みましょう。Windowsのエラーチェックツールを使って修復することが可能です。

PCが起動できない場合

PCが起動できない場合は,HDDの修復はあきらめ,まずはデータを保護しましょう。データ復元ソフトの中には,USBメモリやCD,DVDなどからPCを起動させてHDDのデータを復旧することが可能なものがあります。それらを使用しましょう。

いかがでしょうか。ここにまとめたような対処法でもいいのですが,不安な場合にはメーカーに修理依頼をすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です