ゲーム用PCを快適に使うにはSSDが不可欠?

最近,高性能な動画編集ソフトがたくさん出てきていますよね。また忘年会や新年会などのイベントごとや,大学でのサークル活動など,個人でも動画を編集するという人が増えてきていますよね。

しかし,持っているノートPCでは編集中にカクカクとしか動かなくて編集しづらかったりしますよね。そういったときには,PCそのものの買い替えの前に,SSDなどのパーツの交換を考えてみましょう。

今回は,そんな動画編集でも使用するPCのためのSSDについてお話しします。

動画編集に必要なPCのスペックは?

それでは,PCで動画編集をする際に必要となるスペックをまずは確認していきましょう。基本的には,4つのポイントに注意することが必要です。

逆に,これらのスペックがそろっていない場合,動画編集の際に何らかの不自由が発生することがあります。

例えば,動画編集の途中で,動画をプレビューしようとしてもカクカクとしか画面が動かず,いわゆるヌルヌルとした画面の動きが見られないために,動画を細部まで編集することができなくなる可能性があります。

他にも,動画の編集の際には,多くの場合に,動画編集ソフト上でのみ再生可能なプロジェクトファイルの形で動画を編集し,添えをMP4などの形式にエンコードするという長江になると思います。

しかし,スペックが足りていない場合,やっと動画編集が完了しても,動画のエンコードに膨大な時間がかかり,延々と何時間も待つことになりかねません。

1.CPU

まずは,PCの処理性能を最も左右するといってもいいCPUについてです。動画編集の際には音や色など,把握しきれないほどの莫大な量のデータを同時に処理することになります。

そのため,たくさんのデータを同時並列処理できるCPUが必要となります。CPUには子と呼ばれる情報処理を行う部分と,それを同時に行うスレッドという機能があります。つまり,コア数やスレッド数が多いCPUほど動画編集には適しています。

例えば,優秀なCPUの代名詞ともいえるIntelのCore i7の場合だと,1つのコアで2系統のデータが処理可能なハイパースレッディング機能というが搭載されているため,4コアのCPUながら8系統もの並列処理が可能となっています。

特に,最新の第8世代のCore i7の場合はコア数,スレッド数ともに増加したことに伴い処理性能が圧倒的に向上しています。

2.GPU

GPUというと,CPUと比べるとあまり聞きなじみがないですよね。PCのグラフィックス機能のことをGPUと呼びます。GPUには,プロセッサー内蔵型と独立型の2種類があり,動画編集の場合には,描画性能の高い独立型のGPUが重要となります。

独立型のGPUは,NVIDIA社とAMD社という2社のメーカーでほとんどのシェアが占められていますが,NVIDIA社を選ぶのが無難でしょう。多くの動画編集ソフトで,NVIDIA社の製品に対応しているので,安定して速い処理速度が得られます。

NVIDIA社の製品が,2種類のシリーズ製品に別れていますが,これは使用する編集ソフトの推奨するもの選ぶといいでしょう。

3.メモリ

PCでの同時並行作業を行う上で重要なのがメモリです。メモリの大きさは作業机の面積によく例えられますが,同時に複数のソフトを使用するためにはメモリの大きさが影響してきます。

動画編集をする際には16GB以上のメモリ容量があると好ましいでしょう。

4.ストレージ

続いては,ストレージです。ストレージには容量の大きさとコストの安さが魅力のHDDと,処理速度の圧倒的速さと消費電力の小ささ,耐久性の高さが魅力のSSDの2種類があります。

ただし,動画編集の際におすすめなのはSSDです。HDDの処理性能では,動画編集を行うのはかなり難しいといえるでしょう。

SSDのおすすめは?

ここからは,上記の4項目のうち,最も選択肢の広いストレージに使用するSSDに関して,おすすめの製品を紹介していきます。というのも,Samsung社やSanDisk社,東芝などをはじめとして,様々なメーカーが多くの製品を発売しているんです。

それが,SanDisk ウルトラ 3D SSDです。この商品の魅力の1つとして,圧倒的なコストパフォーマンスが挙げられます。

同じストレージ容量の他の製品とは比較にならない価格の安さにより,独立型GPUの購入などでコストが必要な動画編集用のPC構築において,価格の安さは非常にうれしいですよね。

他の魅力的な点としては,サポートが充実しているため,初心者でも安心して使用できるという点です。

SanDisk社が提供するサンディスクSSDダッシュボードというシステムを使用することによって,新しいドライブのセットアップやディスク解析ツール,SSDの動作をコントロールするプログラムであるファームウェア更新の通知などを使用できます。

これらの機能のほかにも,3年間の保証期間もあり,非常に充実したサポート体制が整っています。

そのため,常にSSDを安全に保つことが可能になります。それによって,本来の目的である動画編集の効率化につながるというわけです。

このように,必要なスペックをそろえることによって快適に動画編集を行うことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です