SSD WD Blue SN550 NVMe SSD500Gレビュー

·SSD WD Blue SN550 NVMe SSD500Gレビュー

・現状求められる性能

近年、データストレージの活用は高速化が進んでいます。 解像度が4K/8K動画、 大容量の文書ファイル、 ストレージ負荷の高いアプリケーション、高スペックを要求されるゲーム等を扱うそういったデジタル環境では、 NVMeインターフェースで実現する信頼性の高い性能、 速度および容量が求められます。

そこで、WD Blue SN550 NVMe SSDは従来のSATA SSDと比較して4倍の高速化、 読み取り速度は最大2,400 MB/秒で、 高い応答性により、より高いPCパフォーマンスを実現しています。
· また、熱設計の改善で高負荷の使用環境でも性能を確保されています。

パフォーマンスにフォーカスしたSSDで、  コンテンツクリエイターやヘビーPCユーザー向けに、 起動の高速化、 作業のスマート化を可能にします。

 

・実際の性能について

NVMeの採用によってシステムパフォーマンスを大幅にスピードアップすることができます。 データの待ち時間が短縮され、使用している人はより楽に、 よりスマートに作業し、 ゲームの起動時間の速さやデータの書き込み、読み込みが早くよりストレスフリーな環境になります。

「WD Blue SN550 NVMe SSD」は、 PCゲームや大容量データの処理において、 最速のSATAドライブに比べ4倍以上の処理速度を実現します。 スピードの向上により、 マルチタスク時や負荷の高いアプリケーション環境においても、 高速で応答性の高いシステム、 過酷なワークロードに対処します。 また、 熱設計の改善により、 PCの高い応答性を実現し、 高負荷時の利用も性能を維持することが可能となります。

書き込み回数は変わらないものの、今回のSSDでは、書き込み速度が1750MB/秒〜2400MB/秒と前の同シリーズでは、1400MB/秒〜1700MB/秒と格段に速くなっている点はかなり重要です。

それに、消費電力は以前の物と変わらない点も大きく、電源の交換の必要性も無くなってくるので、コスパが良くなるメリットがあります。そして、このSSD時代も500Gなら1万円を切る価格なのでかなりオススメできるSSDだと思います。個人的には、OSや重たいゲームはSSDに入れといて、軽めのデータやゲームはHDDにという使い方をしていますが、これだけ値段が安いと全部SSDでもいいかなと考えています。同じような人もいると思うので良ければ参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です