【最新版】いらなくなったPCやHDD,SSDの処分法とは。

【最新版】いらなくなったPCやHDD,SSDの処分法とは。

PCって,どんどん新しいものが発売されますよね。新しい機種に買い替える人も多いんじゃないでしょうか。また,処理速度を速くしたくて記憶装置を新しいSSDに交換する,という人も最近は増えてきています。

ところで皆さんは,こういったPCの買い替えやSSDへの変更の際に,不要になったPCやHDD,SSDの処分はどのようにしていますか?燃えるゴミではなさそうだし,かといって,そのまま燃えないゴミや粗大ゴミに出すのはデータが残っているかもしれないし不安。そもそも回収してくれるのかもわからない。そんな人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は,不要になったPCやHDD,SSDの処分方法についてまとめてみました。

PCは普通にゴミに出しちゃダメ!

結論から言うと,PCは普段のゴミの回収に出すことはできません。

以前は粗大ゴミとして回収していたりもしましたが,平成15年より資源有効利用促進法という法律により,地方自治体でのPCの回収は不可能になりました。

なお,SSDやHDDに関しては,燃えないゴミとして捨てることが可能です。しかし,自治体によっては小型家電の回収を行っている場合もあるので,まずは調べてみるといいでしょう。

それでは,PCはどのように処分すればいいのでしょうか。その前に,まずはPC並びにHDD,SSDに共通する,処分前にしなければならないことを確認しておきましょう。

処分前にすること

処分する前に必要なこととは,端的に言うとデータに関する処理です。

データの保持

まずは,データの移行(コピー)やバックアップをきっちりと行いましょう。後継のPCや別の記憶装置にデータを移行(コピー)するか,オンラインストレージなどにきちんとバックアップを取っておくことで,データがなくなってしまったなどという悲惨な結果を避けることができます。

この際,たくさんのフォルダにデータが散らばっていてコピーすべきデータがすぐに見つからなかったり,本当にすべてのデータをコピーし終わったのかが不安になってしまうこともあるかと思います。

そういった場合には,引っ越しツールなどを使用することで,ソフトウェアなども含めてすべてのデータをまとめて移行することも可能です。

データの消去

次に,データの消去です。データの消去には大きく分けて「PCの初期化」と「記憶装置のデータの消去」の2種類があります。

1つ目のPCの初期化というのは,PCを購入時の状態に戻すことを言います。基本的には「CDやDVDなどのリカバリメディアで初期化」と「PCのプログラムで初期化」の2種類の方法があります。

初期化の方法はメーカーや製品によって異なるので,取扱説明書を至り,メーカーのホームページを参考にしましょう。

また,PCの初期化は,データがすべてなくなったかのようですが,復元ソフトなどを使うことで初期化する目のデータが復元できる状態です。そのため,個人情報などのデータを削除する場合には,必ず「記憶装置のデータの消去」も実施するようにしましょう。

2つ目の記憶装置のデータの消去というのが,いわゆるデータの削除になります。これを行わないと,復元ソフトなどを用いてデータを復元できる状態のままになる可能性があるので,必ず実行するようにしましょう。

自分でデータを消去する場合の手法は,主に「ソフトウェア消去」と「物理破壊」,「電磁消去」の3種があります。

「ソフトウェア消去」は,データ消去ソフトを使用して消去する方法で,「物理破壊」はハードディスクを取り出し破壊する方法です。また,「電磁消去」は特殊な機械を用いて強力な電磁気を当て,データ消去する方法となっています。

よくわからない,という場合には,データ消去の業者に依頼すると確実ですね。

PCの廃棄方法

それでは,PCの廃棄の仕方についてです。主に5種類ほどの方法があります。

1つ目は,PCのメーカーに回収を依頼する方法です。この場合,PCリサイクルマークがついている製品であれば無償で回収してくれますが,ついていない場合には費用が掛かることがほとんどです。データ消去も行ってくれる場合が多いので安心ですね。

メーカー回収の場合は,そのメーカーの製品以外は回収してもらえないので注意しましょう。メーカーによっては,PC新しく購入する際に不要になったPCをしたdp利してくれる場合もあるので,メーカーのホームページを確認してみましょう。

2つ目は,自治体による回収です。小型家電の回収を行っている自治体は多く,その中にはPCもしくはPCの部品も回収してくれる場合もあります。無料の場合が多いので,ぜひ利用しましょう。詳細は各自治体によって異なるので,調べてみましょう。

3つ目は,家電量販店やPCショップなどの小売店に回収を依頼する方法です。多くの場合は下取りという形になるので,新しいPCに買い替える際にはお得ですね。この際,購入した店舗でしか下取りできない場合があるので注意しましょう。

4つ目は,PCのリユースを行う企業へ回収を依頼する方法です。メーカー問わず,自作PCなども回収できる場合があるので,自作PCを使っている人は調べてみるといいでしょう。データ消去も行ってくれる場合がほとんどなので安心ですね。

5つ目は,不用品回収 業者に回収してもらう方法です。軽トラックなどで住宅地を回っていたりする業者ですね。この方法に関しては,多くの自治体や国民生活センターが非推奨であり,データ消去も行ってくれないので,あまりお勧めはしません。

さて,今回は不要になったPCやHDD,SSDの処分方法についてまとめてみました。正しい処分によって,個人情報漏洩などのリスクからしっかり身を守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です