インテルCPUの取り付け方【初心者向け】

インテルCPUの取り付け方【初心者向け】

自作パソコンで組み立てで特に気を付けたいところとしてはCPUの取り付けとなります。

なぜならCPU(インテル)のマザーボードのピン破損は一度破損すると取り返しがつかず

保証対象外になるからです。(メーカー・代理店によっては無償修理対応の場合はあり)

したがって初心者~中級者くらいまではCPUの取り付けが自作PCの一つの関門といえる

インテルCPUの取り付け方について解説していきます。

※ちなみにAMDの場合はCPU側にピンがあるためインテルのCPUほど神経質にならなくはいいかとは思います。

CPUの取り付け方

ただし、慣れれば取り付け自体はそこまで難しいものではないので、なれていきましょう。

ポイントとしてはピンは横、もしくは斜めの衝撃に弱いため、上に持ち上げること、向き、持ち方を間違えないこととなります。

①CPUを取り付けるためにレバーを取り外す

こちらのレバーを上にあげCPUをつける準備をします。ちなみにCPUカバーは取り外さなくても取り付け可能なため、

取り外しに自信がない場合はそのままで大丈夫です(CPUは取り付ければ勝手に外れます)

レバーとCPUカバーごとあげてCPUソケットが見えるようにむき出しの状態にします。

②左下の◣の位置ときっかけの向きを合わせて、親指と中指でCPUを持つ

マザーボードの左下とCPUの左下の向きを合わせるよう、マザーボードとCPUには̻◣マーク両方についています。

したがってCPU向きとマザーボード向きをまずは合わせてみてください。

CPUの持ち方は平行のままCPUを置けるよう、親指と中指(人差し指)でやや上から持ちます。

親指と人差し指でも持ってもOKですが、他の指で私は置きにくいと感じるので私は親指と中指で持ちます。

③マザーボードとCPUが平行になるよう上からそっとCPUを置く

マザーボードとCPUが平行でないとCPUを置いた際にずれてピン破損の原因になるため、CPUとマザーボードは

なるべく平行を心がけてください。平行であれば多少落としてもほとんどの場合でピンは破損しませんが、逆に横や斜めだとほんの少しの衝撃でも簡単に破損してしまいます。

CPUを置く際にずれてしまった場合は絶対にスライドさせず、冷静に上から再度置きなおしてください。

 

悪い置き方の例

下記のようにずれてしまった場合はスライドして直そうとするとピンが破損するため、かならず上に持ち上げて再度置きなおしが必要です。

④きちんとCPUを置いた後にレバーを取り付けて完了!!

◣の印と切りかけの中にCPUがはまったのを確認の上、レバー下げます。

 

CPUをきちんと取り付けていればCPUのカバーは自然にはずれます。

カバーを取り外して、CPUの取り付けは完了です!!

いかがでしょうか。慣れれば簡単ですが、慣れるまでが難しいCPUの取り付けです。

どうしても自力で取り付けが難しい場合は最近では破損した際のCPUの物損保証や、格安でのCPUの取り付け代行も行っている販売店もあるので是非検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です