いまさら聞けない?パソコンの容量の確認方法

いまさら聞けない?パソコンの容量の確認方法

PCを使っていると,動作が重たくなったり,データが保存できなくなったり,そんなことがありませんか?Windowsユーザーの中には,Windows大型アップデートで容量が足りないと表示された!という人も多いようです。

けれど,PCの容量ってどうやって確認すればいいのかがわからない。でも,こんな初歩的なことをいまさら人に聞くのも恥ずかしい…そんな人の為に,今回は,PCで容量を確認する方法についてまとめてみました。コッソリ見ちゃえば,誰にも聞かないで済みますね。

Windowsの場合

まずは,WindowsのPCを使用している場合の容量の確認の仕方についてです。Windows10を使用している人がほとんどかと思いますので,そちらを中心に紹介します。

設定画面から確認

1つ目の方法は設定画面から確認する方法です。まずはスタートメニューの歯車(もしくはWinキー+I)で設定画面を開き,「システム」をクリックします。

その後,左のメニューから「ストレージ」をクリックすると上部に,ストレージの合計サイズと,使用済み容量,空き容量のそれぞれの数値と,割合を示すバーが表示されます。

このとき,各ドライブをクリックすることで,使用済みストレージの使用用途の内訳が確認できます。

エクスプローラーから確認

2つ目は,エクスプローラーから確認する方法です。まずは,タスクバーやスタートメニュー,windowsボタンの右クリックメニューからエクスプローラーを起動します。

エクスプローラーが起動したら,左にあるメニューから「PC」をクリックします。すると,「デバイスとドライブ」の部分で,ストレージの合計サイズと空き容量が確認できます。

また,この際に各ドライブを右クリックして「プロパティ」を開くことで,詳細を確認することも可能です。

Windows7の場合

Windows7を使用している場合の確認方法についても載せておきます。

まずは,スタートボタンをクリックし,右側にあるメニューから「コンピューター」をクリックします。すると,各ドライブ・デバイスごとに合計サイズと空き容量を確認することが可能です。

なお,各ドライブをクリックして背景が水色になった状態でもう一度右クリックし,メニューから「プロパティ」を選択することで詳細を確認することができます。

Windows8・8.1の場合

Windows8やWindows8.1を使用している場合の確認方法も載せておきますね。

まずは,タスクバーもしくはスタート画面からエクスプローラーを開きます。スタート画面から開く際は,左下の「↓」ボタンをクリックするとアプリの一覧が開くので,そこからエクスプローラーを選択しましょう。

エクスプローラーが開いたら,「デバイスとドライブ」の部分で各ドライブ・デバイスごとの合計サイズ,空き容量が確認できます。

Windows8やWindows8.1の場合も,Windows7と同じく,各ドライブを右クリックして背景が水色になった状態で左クリックし,メニューから「プロパティ」を選択することで詳細を確認することができます。

Macの場合

続いて,MacOSを使用している場合の容量の確認の仕方についてです。

アップルメニューから確認

1つ目は,アップルメニューから確認する方法です。まずは,メニューバーのAppleマークをクリックして,出てきたアップルメニューから「このmacについて」をクリックします。

そして,上部にある「ストレージ」をクリックすると,各デバイス・ドライブごとの憧憬サイズと空き容量,大まかな使用用途別の使用済み容量を確認することができます。

ターミナルから確認

2つ目は,ターミナルから確認する方法です。まずは,Finderの「アプリケーション」をクリックし,フォルダ内の「ユーティリティ」をクリックします。

そして,「ターミナル」をクリックし,「$ df -h」というコマンドを実行します。すると,実行結果に何やら表が出てきます。

表の見方は,「Filesystem」がファイルシステムで「/dev/disk1」と表示されているのが,OSが入っているメインのストレージであるMacintosh HDです。「Size」は合計サイズを,「Used」は使用済み容量を,「Avail」は空き容量をそれぞれ表していて,「Capacity」は使用済み容量の割合を示しています。

Finderに常時表示してく方法

3つ目は,容量をFinder画面に常時表示しておく方法です。Finder画面を開いてメニューバーにある「表示」をクリックし,「ステータスバーを表示」をクリックします。もしくはFinder画面を開いた状態で,commandキー+「/」を押しても同じことができます。

すると,Finder画面の下の部分にステータスバーが常時表示されるようになり,ディスクの空き容量をいつでも見ることができるようになります。

この「表示」からは,ステータスバー以外にもツールバーやタブバーなどを表示したり,サイドバーを非表示にしたり医といったことも可能なので,覚えておいて損はないでしょう。

さて,今回は,PCの容量を確認する方法について,WindowsOSの場合とMacOSの場合に分けてまとめてみました。ソフトをインストールしたり,ファイルをダウンロード・保存するときはもちろん,データ処理速度を維持して快適にPCを使う際にもデータ容量はとても重要です。

データ容量の状態を把握できるようにして,充実したPCライフを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です