ハードオフのジャンク品のドスパラ Galleria TW9をキーボード修理をしてみた!!

ハードオフのジャンク品のドスパラ Galleria TW9をキーボード修理をしてみた!!

ハードオフのジャンク品を修理できるか試してみたかったため、ハードオフにて、Galleria(ガレリア) TW9のジャンク品を購入してみました。

ガレリアといえばBTOパソコンショップのドスパラで有名なブランドですね。

こちらジャンク品を都内のハードオフにて9000円+税で購入しました。

WINDOWSは起動するようですが、キーボードのキーの一部取れがあり、ドライバーも未インストールとのことです。

下記のようにキーボードの部分「1」と「H」キーがとれています。

 

全体的な外観は使用感はありますが、普通ですね。

 

取り替える用のキーボードを注文する

ノートパソコンの場合は各ノートパソコン専用のキーボードが必要となるため、

それぞれのキーボードを取り寄せする必要があります。

下記は分解後の写真となりますが、取り寄せるキーボードの型名は「MP-08G60J0-9201H AETW9J00010

なのでこちらを取り寄せする必要があります。

アマゾンなどのサイトで現在5千円程度で入手可能です。

キーボードを交換する

キーボードを取り外すためには裏のネジと表のネジ両方を取り外す必要があります。

ノートパソコンの部品入れ替えの作業をする際に安全性のためバッテリーを外すのは常識にはなりますが、

バッテリーに外さなければならないネジが隠れているため、キーボード取り外す作業としてもマストとなります。

こちらのネジを含めて外す不要なネジもあるかもしれませんが、今回8か所のネジを外しました。

余談になりますが、ネジをなくさないようネジ皿などはあると便利かと思います。

元のキーボードを取り外す

裏のネジが取れたら、表面よりキーボードを取り外していきます。

裏のネジを外すとキーボード上のカバーが外れるので⇈の方向で力を入れることで外れます。

外れるとキーボード上に2か所ネジ止めされているのが分かるのをそちらを取り外します。

 

ネジを外した後、ケーブルがノートパソコンの基盤につながっているのでそちらを慎重に外してください。

 

アマゾンに注文した新しいキーボードを基盤に差し込み、逆の手順でネジ止めすれば完了です!!

Galleria(ガレリア) TW9は流通量は少ないみたいですが、ヤフオクなどでグラフィックカード付きノートパソコンとして格安で落札できる可能性が高いので、安価なゲーミングノートパソコンなどの用途としてオススメです。

メモリ交換の記事はまた別で作成してみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です