簡単パソコンお掃除方法

簡単パソコンお掃除方法

パソコンはこまめなお掃除が必要です。

パソコンは空冷型のパソコンだと空気を吸い込んで本体を冷却するので、ホコリがたまることは避けられません。

掃除しないでいるとパソコンの中身はホコリでいっぱいになります。

ホコリがたまると、冷却性能の低下や、ショート、出火の原因となり、せっかくお金を使って買ったパソコンが壊れる可能性があります。

ホコリによって起こるトラブルは、冷却性能の低下、熱暴走、女子。ショートとされますそれによる出火がリスクとしてあります。

このような危険からパソコンを守るためにもお掃除は必須です。

なので、提起的なパソコンの掃除は必要になります。

今回は初心者の方でも簡単にできるパソコン清掃法をご紹介します。

こんな状態は要注意です。

吸気する場所やUSBポート等にホコリが溜まっている。パソコン以外のモニターやキーボード、パソコンデスクにもホコリがある状態になっている。

こんな状態だと、パソコン周りの空気を取り込んでいるので中にもホコリがある可能性があります。

外側が埃まみれの状態。
中身はもっと酷いかも知れません。
実際にパソコンの掃除していきましょう。
道具としては、まずエアダスターは必須です。次にウェットティッシュがあると便利です。掃除機もあるとホコリを吸えるので必要です。ホコリがひどい時は、ピンセットで掴み取るのもありですが、よっぽどの場合です。
次に、掃除を始める前の注意点として、パソコンコンセントと電源は切っておく。
金属物を触って静電気を除去する。
ホコリなどにアレルギーがある人は、マスクを着用して下さい。

実際に掃除をする際は、掃除機でパソコン周りのホコリを除去します。USBポートのホコリも掃除機のブラシで優しく取ります。(ブラシやピンセットでも良いです。)

次に、サイドパネルを開けます。私の場合は、サイドパネルにはネジがあるのでドライバーでネジを外します。(ネジは無くさないように、掃除機で吸わないように注意して下さい。)

パソコン内部てすが、基本的にエアダスターでホコリを飛ばして、掃除機でそのホコリを吸い取れば大丈夫なんですが、ケーブルやファンにホコリが溜まっているときはウェットティッシュで拭き取ります。ですが、基盤はウェットティッシュで拭かないでください。故障の原因となる可能性があります。

すっかりきれいになりました。これなら冷却性能もアップし、ホコリによるショートの可能性もぐんと下がったはずです。掃除の頻度は人それぞれだと思いますが、個人的には季節の変わり目の3ヶ月や4ヶ月おきに掃除すれば掃除も簡単で済むと思います。

安心してパソコンライフを楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です